2010年12月04日

より良いアレルギー医療実現のために

全国のアレルギー疾患に悩む皆様へ以下に先般行なわれた長屋宏先生の講演内容を掲げます。
久我山アレルギー患者の会 発起人  as

 第60回の日本アレルギー学会秋季学術大会
市民公開講座
健康に役立てよう免疫・アレルギーの知識

日時:2010.11.27 午後2:00〜午後4:00
場所:東京国際フォーラム Hall-B5-1

司会 須甲松信先生(東京芸術大学 保健管理センター)
   杉山公美先生(獨協医科大学 呼吸器・アレルギー内科)
須甲: 私はアレルギー学会の広報委員をしており、杉山先生は副委員長をしておられます。本日第60回目の記念すべき大会ですので、北から南へ津々浦々、全国の皆様へ今大会の内容をお届けしようという試みで、インターネットを使ったライブ配信で行なうこととしました。即ちテレビで見るのと同じような形で2時間の放送をお届けしたいと思います。
   今日のテーマはアレルギーの根本治療にかかわる免疫療法、あるいはアレルギーを抑制する治療ということでお話いただきます。そしてお話いただきます内容は国民の皆さんにわかりやすいかたちで行ないます。ですから、わたしはこの市民公開講座は国民公開講座といっていいと思います。それでは早速、講演の方へ入ってまいりたいと思います。
杉山:今回の講演は1部、2部に分かれ、1部は、長屋先生がダニの免疫療法、そして平田先生がハチの免疫療法についてお話いただき、そして皆様からのご質問にお答えすることとし、第2部の方は奥村先生に講演をお願いする、という二部構成で行なうことと致します。
須甲: まず、長屋宏先生にはダニの減感作、小児喘息を中心とした講演をお願いいたしますが、長屋先生のご略歴についてご説明いたします。1956年東京大学医学部を卒業され、57年東大医学部物療内科に入局、その直後にフルブライト留学生としてアメリカに留学されました。アレルギーと呼吸器病学の診療と研究を経てデューク大学内科助教授、1982年カリフォルニア大学アーバイン校教授を経て、1990年帰国、杏林大学医学部客員教授になられました。そして現在は久我山病院アレルギー科部長をされておられます。アメリカの免疫療法を日本に導入するための努力を続けられて今日に至っておられるところであります。
講演
長屋宏先生(久我山病院 アレルギー科部長、元カリフォルニア大学医学部内科教授)
「ダニ・免疫療法(ダニ・減感作療法)で小児喘息から救われた4人の患者さん」
  今日は、小児喘息に苦しまれたご本人もしくはそのご両親にお出でいただいて、ダニの免疫療法、これは別名減感作療法ともいわれていますが、この治療によってよくなられた皆さんにその経験談をお伺いしたいと思います。

まず、Fさんお願いいたします。
症例T.私は1961年9月生まれの49歳です。2歳で発病しましたが、17年前(32歳)に久我山病院で長屋先生の減感作療法を受けてから今日に至るまでまったく喘息の発作とか症状が出ていません。ですから喘息患者というよりは元喘息患者といってもいいぐらいであります。発病は2歳の時であると親から聞いていますが、小学校の時は3分の1ぐらいは休んでいまして苦しくて何度も死にたいと思ったこともあります。中学、高校になっても喘息は治らず、大学を出て大人になって就職してからは文京区にありますT大学病院に通院するようになりました。そこで初めて減感作療法という治療を受けました。そこではハウスダストだけの減感作療法でした。減感作療法の他にベータ刺激薬と気管支拡張剤を使用するというものでした。その病院ではこれが最新の治療法であってこれを続ければよくなるだろうとのことでした。しばらくして通院していた土曜日が外来診療がなくなったので、墨田区にあるD病院に移りました。ここでは吸入ステロイドを処方され、毎日毎晩これを使うようになりました。しかし、喘息が快方に向かうようには思えず、むしろ悪化しているように思え、何日か入院治療を余儀なくされるようになりました。このような中、仕事どころか死んでしまうのではないかとさえ感じる毎日でした。しかし、職場に喘息治療でよくなっている人がいてその人に紹介されて、長屋先生のところに来るようになったのです。
長屋:どうもありがとうございました。福嶋さんがいらした時の1秒量(空気をいっぱい吸って吐き出す最初の1秒間の空気量)の値は2.8リットルで、最近の値は2.54リットルです。(これは誰でも1年ごとに20〜30ccずつ減りますが)、これは同じ年齢と身長の正常な一般人の予測値の78%にあたりほぼ正常に近い値を示しています。
症例U.、次に、お母様がこの会場に来ておられますが、3歳で喘息を患われ、それ以来19年間喘息症状を患ってお見えになったケースです。初診時に22歳の大学生で1秒量が66%だったのが、今は29歳ですが5年半のダニを使用した免疫療法による治療で、3.1リットルになり、予測値の101%になって全く正常になられているという例であります。
次に、Nさんお願いいたします。
症例V.本日は私どもの体験を話させていただきます。この子が息子の雄介です。15歳になりました。長屋先生には3歳の頃よりお世話になっていて今年で12年目になります。
息子は赤ちゃんの頃よりさまざまなアレルギー症状があり、2歳より喘息を発症しました。私も幼い頃より小児喘息を経験しておりましたので、小児の時の喘息は一過性のものだと思い、大人になったら治るよ、と軽く考えていました。けれども息子が3歳になったある日、しつこい咳が続きまして、小児科から借りている吸入器で4時間おきに吸入してもききめなく苦しそうにしていました。そこで、休日の夜でしたが近所の同愛記念病院に駆け込みました。夜間の急な治療でしたが、血中酸素濃度が低いのと医師が喘鳴を聞いた段階で緊急入院となりました。医師から重度の喘息発作を起こしているといわれました。入院後、息子はステロイド療法と吸入治療によって一命をとりとめて日に日に元気になっていきました。(★病院内の状況:同室の10才ぐらいのお子さんは1日中咳をしてアトピー症状に苦しんでいて、毎食後7種類ぐらいの薬を飲んでいましたし、同じぐらいの年齢のお子さんや小学生のお子さんたちは常時ステロイドの点滴瓶をぶら下げながらガラガラと廊下を歩いていました。それから病院から学校に通っているお子さんたちも沢山いらっしゃいました。成人病室をのぞいてみるとチアノーゼで真っ黒な顔をした方々が点滴の瓶をぶら下げながらベットに廃人のように横たわって寝ていました。これは私にとって大変ショックな光景でした。)東大の先生から言われたことは、成人まで喘息を持ち越さないよう気をつけましょうということとクスリと仲良く暮らす人生になるでしょうということをたんたんと平気な顔でおっしゃられていました。その言葉は私にとってまさに死刑宣告のようなもので周りで苦しんでいるこのような患者さんのように、うちの息子も本当にこのようになるんだろうなと、本当に暗闇に突き落とされたような気持ちでした。それでも、何か助かる方法があるかもしれないと思い、入院中に看護婦さんに病院にあるアレルギーの本をすべて集めてくれるよう依頼して読みました。それで読んだ本に書いてあるのは殆んど、「掃除をしましょう。アレルギー物質を避けた生活と食事をしましょう。花粉時の外出は極力控えてマスクとサングラスをしましょう。」と、どんな本にもそれしか書いてありませんでした。私は、頭を抱えて、これからこの子のために毎日死ぬほど掃除をしなければならないのか、外出時には防護服や宇宙服を着なければならないかとか、また、食べられるものも食物アレルギーがありましたので、毎食がロシアンルーレットなのかな、と思いました。大変絶望しているときに、母から朗報が入りまして、母親の知人の方でひどい喘息発作だった方がある治療により随分快方に向かい快癒したと聞き、その先生の本を私は早速取り寄せて読みました。其れが長屋先生の著書でした。その著書の中には減感作療法という治療法が書いてあり、その減感作療法がアレルギーによる免疫反応をいかに抑えるかが書いてありました。私は早速久我山病院に予約をし、1ヵ月後やっと診察の日が来ました。初めての診察で、長屋先生は大変丁寧な対応をされて、息子が生まれてから今までの経験を1時間以上かけてじっくりと聞いてくださいました。親の気づかなかった些細な反応にまで先生は気づかれて、息子の病気の発症の原因を探られました。今まで行ったさまざまな小児科やアレルギー科では流れ作業の治療だったり、時にははなから決め付けられて、先生から上から怒鳴られた経験もありました。長屋先生の診察にはとても感激しまして、本物のお医者様に出会ったなと思いました。先生から今後の治療についての説明があったあと、先生は私たち(息子もいましたので)に一言「治りますよ」と仰いました。その言葉は暗闇にいた私たちにとって大きな光でした。それから約10年以上たちました。息子は今ご覧の通り15歳で立派に育っております。すごいことは、アレルギーのお子さんを持つ親御さんたちには信じられないことだと思いますが、減感作治療を始めて以来、ひゅうひゅう言って寝られないという日は1度もありませんでした。本当になかったんですよ!アレルギー児の母親って言うのは24時間戦っているようなもので、夜中の咳、発作、また日中でも何か悪いものでも口にしたらどうなるんだろうと、常に神経が張っている様な状態ですが、長屋先生に出会って減感作療法を受けさせていただいて、私の息子は安心と安息の日々を戴きました。ステロイドの点滴瓶をぶら下げていた日々が本当にうそのようです。そして、長屋先生は治療を開始された時から減感作療法を続けながら、肺機能を正常に保つために、吸入と薬をコントロールして、積極的に使う治療を進められました。母親は子供に薬を使うことには拒絶反応があるものですが、「うまく使っていって、減感作療法と薬の使い方で大人になった時に肺機能が正常になり、老人のような肺にならないようにする」ということでこんこんと説得されました。私は薬の使用について抵抗がありましたが、言うとおりにしましたら、本当に良い結果が出て、今では他の男の子に比べて何ら変わりのない肺機能を持っていると思います。結果、大変元気に育ちまして、小学校のころのお泊り行事は全て行きました。たべものアレルギーがありましたが、給食も食べて育ちました。小学校の頃より、皇居で5キロメートルのマラソンを毎月したり、スポーツも、水泳、ラグビー、空手と、普通の子と何ら変わらずにやってきました。久我山病院には私たちと同じような患者が沢山います。医療関係者や興味のある方は一度来ていただきたいと思いますが、本当に奇跡のようなことがごろごろ転がっております。長屋先生の治療を受けるために日本全国から沢山の方々が集まってきているんですけれども、現実に日本には減感作療法に欠かせないアレルゲンエキスが非常に少ないと聞いております。殆んどの患者がアレルギーをもっている治療用ダニアレルゲンさえ日本にはないというのが現状だそうで、長屋先生はその殆んどをアメリカから取り寄せて治療してくださっております。これらのアレルゲンは輸入する訳ですから高価な治療薬で、今、ネットでも共同購入すると安く手に入るというのが最近の常識ですが、日本の医療機関が共同で大量に購入するシステムになればもっとダニの免疫療法=減感作療法を受けられる世の中になって、私たちのような幸せな経験をして欲しいと、私は強く願っています。
長屋:どうもありがとうございました。
症例W.次に、Iさんのお子さん、W君の症例で、2歳の頃から、軽い、最初は鼻炎で、喘息症状がありまして、初診に来られる1ヶ月前に喘息が出て小児科の医師から初めて経口ステロイド剤を処方されました。母親自身が喘息があって私のところにお出でになってよくなられたので、2歳半の息子の経口ステロイド剤服用を懸念してお連れになったケースです。お子さんの治療経過についてご説明ください。
I:息子は、私がアレルギーを持っていたこともあって、生まれたときから鼻詰まり等があ
って、1歳9ヶ月の頃から毎月のように喘息の発作のようなことがあって、小児科から気管支拡張剤や鼻水、咳を止める薬を処方してもらいました。病状の様子から喘息治療をしたほうが良いといわれ、対症療法のようなお薬を飲み続けること、あとは吸入をすること、そういう治療で、こんなに小さい時から薬を飲み続けることに不安を感じて長屋先生のところにご相談に行ったら、2歳過ぎの小さいお子さんでも注射を打てると伺い、この治療を始めました。
長屋:スライドで説明したいと思います。
W君について2歳半、2007年の7月の時点で血清IgEが345あったんですが、ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニのアレルゲン特異的IgEについてクラス4とかクラス5という高い値で疑いなくアレルギー、しかもダニが原因の喘息でありました。その1ヶ月前に経口ステロイドを飲まされた状態でありました。治療を始めたのが7月で、その2ヵ月後にまた同じような症状が起きて、(減感作注射治療については最初のうちは非常に少ない量しか注射できませんから当然2ヶ月では効くわけはありませんが、)その時はまた小児科医師から経口ステロイドを処方されました。しかし、治療開始から3ヶ月目に、同じような風邪をひいたときには、こんどは経口ステロイドは全く使わずに喘息症状は治まったのです。治療を始めて5ヶ月目(12月)以降は風邪をひいても喘鳴もなく喘息症状は全く起きなかったのです。私の経験でも2歳半で始めたのは出雲さんのお子さんが初めてでしたが、翌年の6月(治療開始後11ヶ月目)には、1回のダニの注射量は450単位までに増えました。これは大体多くの人が喘息症状がおさまった後は,それを続ければよいという維持量に近い値です。また、この治療を始めてから、そのときまでに受けた全体のダニの(累積)注射量は約4300単位で、僅か1年足らずのうちに、そこまで行くことができたわけです。しかもこれ以後は風邪をひいても喘息は一回も起きていないということが判りました。
I:そうです。風邪をひても鼻水が出ても、以前は喘息症状が出たそれ以後が大変でしたが、其れがなくなりました。ちょっと咳をするなあということはあってもそれ以後はそのまま治まるという形で、一晩中起きていたりとか、外に出て冷たい空気に当たるとすぐに咳き込むとかいうことがなくなりまして、回りのお友達が喘息に悩んでいることを聞いてもうちは一切そういうことがなくなり、咳をすることもほとんどなくなって、親としても本人としても楽で健康な日々を過ごすことができるようになっております。
長屋:有難うございました。それではKさんお願いいたします。
症例X. K:私は二人の子供のアレルギー治療を通してこの減感作療法に早期治療がいかに大切であるかということをお話したいと思います。現在10歳の長男は小さい時から皮膚が弱くいつも慢性的に鼻炎を起こしていました。また、風邪をひくといつも治りがおそく長引き、かかりつけの小児科でもこれらの症状はアレルギー体質のため治りがおそいのだと説明をいただいていました。その後、いろいろなアレルギー科、お薬、治療など試して参りましたが、症状にこれといった回復の兆しもなく、半ばあきらめのまま、まもなく小学校に入学しました。そして、7才半の夏休みになり、長屋先生の減感作療法を受けることになりました。治療に先立ち細かく検査していただきますと、風邪を長引かせている間に肺の下の部分3センチ位が無気肺になっていて、それから今までわからなかったいろいろな食べ物や、今まで気にしたこともない草花にもアレルギーがあることがわかりました。ハウスダストやダニに関してはかなり強い反応があり、長期的な治療で数値を下げて行かなければということで、週に1,2回の減感作治療が始まりました。それから1年もしないうちに長男の方は「そう言えば風邪をひいてもこじれず、ゼーゼー、ヒューヒュー言わなくなったな」とか、「皮膚の状態がステロイドの塗り薬を使うこともなくなり、随分よくなったな」という実感を持てるようになった頃、当時5歳であった次男が以前の長男と全く同じような症状を見せるようになりました。当時幼稚園児でしたので、この治療は大丈夫なのかなと不安がありましたが、以前先生が、「この治療は始めるのが早ければ早い方が治りが早いですよ」、と仰っていらしたことを思い出して、思い切って次男も先生の治療を受けさせることになりました。現在まで、長男の治療は7歳半から3年2ヶ月、次男は6歳から1年4ヶ月、そして治療を始めた年齢はたった1年半の差ですけれども、先生が仰っていたとおり、アレルギー反応が出てからあまり時間をおかずに長男より1年半早く治療を始めた次男は親の目から見てもめきめきとよくなり、血を出してもその上から掻き崩していた皮膚はつるつるになりアレルギーの数値もどんどん下がってきました。私の夫はアトピー性皮膚炎ですし、夫の父は長い間喘息に悩まされています。そして子供達も同じ遺伝子を受け継いでおり、アトピーや喘息の兆しが本当に沢山ありました。以前よりずっと良くなったとはいえ、まだ治療のゴールが見えない長男に比べ、治療暦1年半たらずで、長男より1歳半早く治療を始めたという理由で、先生から、おそらく近いうちに、この先も大したアレルギー反応を起こすことがない体になるでしょうと言っていただけるようになったのです.私の周りにも喘息で大変な思いをされている方が沢山います。特に小さなお子さんの場合はお話を伺うのがつらくなるほどご家族の心配は計り知れません。ですが、私が自分の子供の話しをしても「遠く離れた病院に小さな子供を連れて週に1,2回通院するのは無理です。」と仰います。
今のお話でお分かりいただけたかと思いますが、アレルギー、喘息は、恐る恐る付き合う病気ではなく、減感作療法は小さな子供でも無理なく、そして、アレルギー発症後の治療開始までの期間が短ければ短いほど回復が早いという、すばらしい治療法です。一日も早く、日本中のいたるところで、気軽に、この減感作療法を受けることができるようになることを願って止みません。
長屋:どうもありがとうございました。
お兄さんの方は治療を始めてから最初の7ヶ月目に到達できた1回のダニ注射量は僅か
30単位で、其れまでに受けた全部(ダニの累積)の注射量は、大体384単位でした。
しかし、弟さんの方は、発症後早くに治療を始めたので、開始時はあまり変わらないけれどもその後急激に1回ごとの注射量が増え、最初の7ヶ月目に到達できた1回の注射量は800単位までになりました。これは大人でもなかなかここまで来るには10年も15年もかかって到達する量です。お兄さんの方は最初の7ヶ月目までの合計のダニの注射量は384単位までしか注射ができなかったのですが、弟さんは6000単位で桁違いでした。弟さんは血液検査はダニに対して初めから陰性です。血液テストは特にダニに対して感度はあまり高くはなく、多くのお医者さんは血液テストしかなさらないのですが、結論から申しまして、血液テストでネガティヴな人の半分近くは皮膚テストで陽性と出ることが多いのです。それで、弟さんの方は血液テストが最初は陰性でしたが皮膚テストでは3+の陽性でありました。治療を始めて8ヶ月目には皮膚テストの陽性も全く陰性になって今は全くダニのアレルギーの反応がなくなりました。弟さんの現在の1回のダニの注射量は1500単位で、これは大人の人が一回に受ける量としても最高に近い量ですが、その注射を受けても殆んど局所反応がないようになりました。ですから、いかに早く始めることが、早くに量を増やすことができて、早くに良くなることができるということになります。このことを申し上げて私の講演を終わらせていただきます。
以下省略
posted by AS at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | @a | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。